住宅ローンについて

あおぞら銀行の住宅ローンTOP住宅ローンについて

あおぞら銀行の住宅ローンは「あおぞら住宅ローン」と呼ばれます。

今後、あおぞら住宅ローンについて説明したいと思いますが、
その前に住宅ローンについての一般論を解説したいと思います。

さて、考えてみると、銀行からお金を借りると言えば、
結婚して「夢のマイホームやマンション」を購入。
その際に初めてローンを組むという方が多いのではないでしょうか。

住宅ローンというものは、普通のサラリーマン家庭の場合、
定年間際までず?っと払い続ける方が多いです。

つまり、住宅購入は、貴方の人生にとって、最も大事な買い物であり、
住宅ローン返済は一生ついて回る事を覚悟しなければいけません。

だからこそ、住宅ローンの金利比較、将来の金利推移や動向、
住宅ローン控除の税制などなど、きちんとシュミレーションしてから、決定する必要があります。

最近,無理な住宅ローンを組んだ結果、破産申告をされる方が増えています。

こうなると、もう目も当てられません。

大切な住居が、月々の返済ができずに差し押さえられ、ローンだけが残る。
こういった、悪循環に陥らないためにも、しっかりと計画を立てておく必要があります。

では、どういった計画を立てれば良いのかのポイントを解説します。

住宅ローンを組む時のポイント

まず、住宅ローンを組む時に必要になるのが、その物件の価格です。

貴方は、その物件の費用さえ支払えば良いと考えていませんか?
実は、住宅の購入費用以外にも、様々な諸費用がかかってくるのです。

諸費用の内訳としては、土地の登記費用、引越し資金、
さらには、不動産取得税と呼ばれる税金の支払いなどが別途掛かります。

これらを合わせた合計金額は、一般的に物件価格の一割と言われています。
物件価格以外にもこうした出費を考慮して、返済計画を立てる必要があります。


また、月々の返済額の設定を、適切に決める必要があります。

貴方の家庭での収入額と、返済額を見比べて見て下さい。
住宅ローンでの返済額は、上限で年収の4分の1程度に留めるのが良いでしょう。

ボーナス返済の有り無しも考慮する必要があります。
ボーナスが貰えなくて、ボーナス時の返済が出来ないという事も考えられます。

さらには、住居を購入した場合、新たに固定資産となりますので、
固定資産税を支払う必要がある事も考慮しなければなりません。


以上のように住宅ローンを組む際には、色々な要素が関わってきます。
くれぐれも即断即決する事はせずに、慎重に行うようにしてくださいね。

〔PR〕金なし借金あり!転職したばかりで勤続年数も短い!
でも私はあっさり住宅ローン審査に通りました!

前の記事:あおぞら銀行の外貨預金

東京スター銀行のおまとめローン|新生銀行の住宅ローン